ミュエラの捜査官ネタバレ

漫画ミュエラの捜査官」4~6話は原作Kiarne先生、漫画Ssol先生の作品で、ピッコマで配信中です。

 

ケイトはミュエラの男爵家でメイドをしています。

使用人として最近やってきた、イケメンだけど不愛想で高飛車な態度のイアンのことを何だか怪しい男だと感じていました。

ある日、ケイトが一人でベッドメイキングをしているとき、男爵家の息子にキスを迫られそうに!

 

今回は「ミュエラの捜査官」の4~6話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

 

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

 

\31日間無料トライアルに登録するだけで600円分プレゼント/

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めちゃう!せっかくなら文章ネタバレだけじゃなく読みたかった作品を絵付きの漫画で楽しんでくださいね♪

ミュエラの捜査官の【4~6話】最新話の考察予想

めぐみ
ミュエラの捜査官4~6話の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますので、いち早くネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

屋外から聞こえる深夜の話し声

ケイトは深夜、またも屋外から人の話し声を聞きます。

事件もないのに首都から来たという捜査官が屋敷を出ていった後に不審なことが続いている、と感じるケイト。

警戒心のないケイトに苦言を呈すイアン

マイクに迫られているのを見て見ぬふりをされたことをイアンに文句を言うケイト。

でも、そこは密室。

男とこんなところで二人きりになるなと警告しますが、また別の日にも・・・。

ミュエラの捜査官【4~6話】最新話ネタバレあらすじ

ケイトが男爵家の息子のマイクにキスをされそうになっているとき、ドアがガチャッと開き、そこにイアンが立っていました。

ケイトは涙目で「ヘ・ル・プ」と訴えますが、イアンは持ってきた荷物を置いてそのまま出ていきました。

マイクは物分かりの良いやつだ、と呑気に言っています。

 

ケイトは腹が立ってワナワナと怒りに震えます。

「坊ちゃま、申し訳ありませんが仕事が残っているので」とケイトは物凄い形相で言いました。

ケイトの気迫に、マイクもそれ以上は手を出せず、後ずさってケイトから離れました。

 

ケイトはイアンを追いかけ、文句を言おうとしました。

ケイトの剣幕に周りがざわついたので、ここではまずいとクローゼットまでイアンを引っ張っていきました。

イアンはケイトがなんでそんなに怒っているのかわからないという風に平然としています。

ケイトが「さっきのことです!」と言うと、あ~、とやっとわかったと言った感じ。

 

見て見ぬふりをするのはあんまりだとケイトが言うと、逢引きしようと知ったことじゃないし、自分が助けなくてもこうして一人で解決しただろう、下手に首を突っ込んで恨まれたくない、と言い放ちました。

 

腹は立つけど、イアンの言うことは間違っていないとぐうの音もでないケイト。

クローゼットから出ていくとき、イアンは『ああいう状況にならないように気をつけるんだな』と自分を狭い場所に連れ込んだことを指して危機感が足りないと窘めるのでした。

 

夜中、ケイトはやっぱり寝苦しくて目が覚めてしまいます。

いつものように踊り場の窓を開けて風にあたっていると、「そこで何をしてるの?」と声をかけられビクッと飛び上がりました。

声をかけたのはアンで、ケイト同様暑くて眠れないと言います。

 

アンが、ケイトはここにきてどの位か聞いてきました。

ケイトは2年ちょっとかな、と答えます。

アンは3年で、ここではロザー夫人とメイド長を除いて一番長いメイドです。

この屋敷はメイドも男の使用人もなぜか長続きしないのでした。

 

アンがケイトに何も言わずに辞めたりしないでね、と言います。

前に駆け落ちして辞めていったメイドがいて不安になっているのです。

そんなことしない、相手もいないというとアンは「イアンでも!?」と言います。

アンとデイジーはイアンが好きなのです。

 

ケイトは自分の親が駆け落ちをして、両親に死なれて自分は天涯孤独になったから、駆け落ちはしない、と話しました。

 

二人で話している時、外から人の声が聞こえました。

慌てて外を見ると一瞬人影が見えたものの、すぐに見えなくなってしまいました。

ケイトは捜査官が出ていった日の次の日の夜、同じようなことがあったことを思い出しました。

捜査官が来たことと、その後から起こった深夜の話し声と関連があるのかケイトは考えます。

ケイトはモヤモヤしたまま部屋に戻りました。

 

大雨の日、雨漏りのため使用人たちの部屋がいくつか使えなくなってしまいました。

ケイトとデイジーの部屋も被害に。

そこで、二人部屋の4人が男性使用人の二人部屋2つを使うことになりました。

デイジーはイアンの隣の部屋で寝れるかもと浮かれていますが、ケイトは気が重いと感じています。

 

イアンが屋根の応急措置をすることになりました。

大雨の中屋根に上るイアン。

こんなこともするのか、と呟きます。

 

ケイトがタオルと温かい飲み物を持っていくように命じられ、気が進まないのですがしぶしぶ向かいました。

窓からずぶぬれで現れたイアンを、邪悪な魔法使いみたいだと不遜なことを思っています。

タオルを渡すと、触れた指先がすごく冷たいのも人間っぽくない、と。

 

温かいお茶を渡そうと目をやると、もうそこにはイアンの姿はなく、自室へ入って行きます。

ケイトはお茶をもってイアンの部屋をのぞくと、濡れたシャツを着がえようとしているところでした。

ドキッとして立ちすくむケイト。

 

イアンはケイトに気づき、何も考えずに男の部屋に入ろうとするのは癖みたいだな、と言いました。

馬鹿にされていると腹を立てるケイト。

怒った顔で立っているケイトを、自分が今どれだけ危険な状況にいるのかわかっているのか?と思います。

そして、自分をじっと見るケイトの緑の瞳が、気に入らない、と感じるのでした。

\31日間無料トライアルに登録するだけで600円分プレゼント/

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

ミュエラの捜査官4~6話の感想&次回7話の考察予想

ケイトは確かに警戒心が少ないのかな、とも思いますが、マイクは仕事で部屋にいるときだったから仕方ないです。

イアンに対しては、ケイト自身は男として興味がないから平気なのでしょうか?

どちらもお互いのことを意識しているのは間違いないけど、それが好意なのかは分かりません。

イアンの方がどちらかと言うと異性として見ているとは思いますけど。

 

ただ、今のところ恋愛要素は少なくて、これから事件が起こるという展開がおおいに考えられます。

使用人がすぐ辞めてしまう、それも駆け落ちという理由で突然いなくなるというのが気になりますね。

そろそろ屋敷の中でなにか動きそうなんですけど・・・。

まとめ

今回は漫画『ミュエラの捜査官』4~6話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

めぐみ
人気漫画が読めるU-NEXTでは31日間無料トライアルで600円分のポイントがもらえるよ♪
このポイントを使って、漫画が600円分タダで読めるのでぜひ試してみてね!

 

\無料トライアルに登録するだけ/
※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません!