金魚妻のネタバレ

ジャンプPREMIUMより黒澤R大先生の漫画金魚妻94話を読んだので、今回は94話ネタバレと感想をご紹介します。

めぐみ

金魚屋一家は一路、イタリアはローマへと飛び立った。一家が乗った飛行機の後には5億8千万匹の赤とんぼが群れを成してついていった。

 

優香様は実は寂しがり屋であった。そして照れ屋ではにかみ屋でもあった。

ちなみに実家は判子屋さんなのであった。実家の親父は河野太郎大臣を憎んでいた。でも仕方がなかった。

>>前回のもっと詳しいネタバレはコチラだよ!

 

ここがポイント!
\会員登録無料/

※無料登録時に半額クーポンが必ずもらえる!

国内最大級のまんがサイト「まんが王国」会員登録無料で初回「半額クーポン」がもらえるので、金魚妻をお得に読めます!ぜひ、文章だけじゃなく描写でも金魚妻を楽しんでくださいね♪

金魚妻【94話】の考察予想

めぐみ
金魚妻【94話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

幼少期から「すけべ」と言われていた

優香様の今日の晩御飯はティラミス。

昨日はカレーライス。

その前の夕食は、

「チャーハンだと思うけど、ちがう気もする」

そう言って、優香様はラッキーストライクに火をつけた。

 

金魚屋の親父は店番中にタブレットでPornhubを閲覧していた。

毎日のルーティン・ワークである。

匠のこだわり。

元々が職人気質である。

眼鏡にかなった動画を選別するための表情はいつでも真剣そのものであった。

 

「プロレスなんか、やらせだろ」その発言、ちょっと待った!!

肌寒くなって鍋物が恋しい季節。

しかし、出来合いのストレートタイプのスープは高い。

そこで粉末のおでんの素なら安く済むのではなかろうか。

そう思って試してみることにした。

「へえ、イタリアにもおでんの素って売ってるんだ」

「オフコース。ローマの若者の間では非常に人気でーす」

「おまえ、バカなの?」

「バカでーす」

 

金魚屋の親父は午前2時に家を出て、愛車であるママチャリにまたがった。

夜風を浴びたかった。

風と一つになりたかった。

風と共に去りたかった。

あなたと、風になりたい。

天国じゃなくても。

楽園じゃなくても。

あなたに会えたしあわせ。

感じてぇぇぇぇ、風にぃぃぃぃぃ、なりぃぃぃぃぃ、たええええええ。

あれ絶対、「なりたい」じゃなくて「なりたえ」って唄ってるよね。

アラフォーならみんなそのこと知ってるよね。

知っててみんな言わないよね。

だから!

私が、四半世紀経って真実を告発することと、相成りました。

なかったことにしてはいけない。

違和感の正体をハッキリと突き詰めなくてはいけない。

我々は岐路に立っている。

ひとりひとりが勇気をもって、声を上げることによって、よりよい人生を実現できることを祈っている。

金魚妻【94話】ネタバレあらすじ

金魚屋の親父は数日徹夜作業を続け、ついにタイムマシンを発明することに成功した。

早速、タイムマシンに乗り込み、目的の年月日及び日時を入力する。

「2020年・10月・4日・18時・30分」

1分後にタイムスリップし、見事に時空の波を超えることに成功。

次の瞬間、タイムマシンは爆発・炎上、半径300メートルが吹き飛ぶ大惨事となった。

 

優香様は1962年、岡山県岡山市に生まれた。

早稲田大学第一文学部卒。

医大秘書室に勤め86年、退職。

88年、「揚羽蝶が妊娠する時」により第7回海燕新人文学賞を、91年、「斬新カレンダー」により第104回芥川賞を受賞。

2004年、ニューヨークの路上で行ったパントマイムのパフォーマンスが現地の地元テレビ局にて紹介され話題となり、ジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニア副大統領にヘッドハンティングされ、以後現職となる。

 

その金魚屋には人影はなかった。

回転ドアを押し、中へ入ったとたん、表の通りのざわめきが遠のいた。

かわりに金魚のすえた臭いがした。

「ごめんください」

遠慮がちに呼んでみたが、返事がないので仕方なく、片隅の丸椅子へ腰かけて待つことにした。

しばらく待ったところで、奥から初老の男がのそのそと現れた。

人間の皮膚を縫い合わせたマスクを被り、汚れた前掛けをつけていた。

「よくいらっしゃいました」

そう言って男は深くお辞儀した。

そのせいか、大きな音を出して放屁した。

 

その二日前。

ジェリーは金魚鉢を覗き込んだ。

可愛い金魚が今日も生き生きと泳ぎ回る。

ジェリーは砕いたビスケットをエサとして与えた。

そして金魚に優しく話しかける。

「人間というのは苦しいことがあると、あたかも自分だけが悩んでいるように考えてしまいがちです。

しかし、悩みのない人などいないのです。

苦しみは自分だけのものではありません。

そして、自分の苦しみを見つめることこそが他人の苦しみに気づくことにつながり、相互に悩みを分かちあうことで、お互いに救われるのではないでしょうか」

金魚の目の奥で火花が弾けた。

ジェリーとの共生関係も終わりに近づいていることを感じ取っていた。

その様子をモニターで観察していた優香様はラッキーストライクに火をつけ、深く吸い込むと大きく煙を吐いた。

そこへ家来のブッシュ山本が報告に現れた。

「優香様。何者かが我らの城に侵入したようです」

「ほっほっほ。ネズミが紛れおったか」

「いかがいたしますか?」

「生け捕りにせよ。わたしの前に連れてくるのだ」

「ははぁっ!」

 

1990年に秋田県大館市の桂城小学校で5年1組の担任を務めていた女教師は、見た目のイメージで言えば映画「ミザリー」のキャシー・ベイツのような感じであった。

この女、ことあるごとに児童の顔を引っ叩く女であった。

何か悪いことをした場合はもとより、大したことでなくても本人が気に入らないと思えばすぐさま引っ叩いた。

例えば、「学級会の最中ににやけた」とか「休み時間に音楽室のオルガンをデタラメに弾いた」とか、そんな理由でバチバチ引っ叩いた。

その叩き方というのが、普通のビンタではなかった。

上から腕を振り落とし、張り手のように顔面を打撃する叩き方をする。

連続で何発もする場合もあって、子供は顔面で張り手を受け止めきれなくなって倒れてしまうようなこともあった。

当時としては体罰は珍しいことではなかった。

小学校の時だけでも、教師が児童を足で蹴る、腹を殴るなどは見聞きした。

しかし、それは時たま、大概は体育教師か古株の男性教諭によって行われていたことであって、それも児童が何かしら悪いことをした場合に限られていた。

だが、この女教師はちがった。

今思うと、最初からこの教師はおかしかった。

まずこの女は「5年1組憲法」というのを制定してそのクラスだけの独自ルールを定めた。

そしてクラスの児童を成績順に階級を分け、席も階級ごとに並ぶようにした。

階級が最下位のグループは授業に参加させず、ただ黙って座っているだけというペナルティーを科した。

そしてある日、事件が起きた。

金魚妻94話や最新話を無料で読む方法とは?

金魚妻94話のネタバレを文章で読めたけど、やっぱり漫画ならではの絵があったほうが面白いわよね!

めぐみ
金魚妻は、まんが王国で読めますよ♪

 

金魚妻は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。
無料お試しでもらえるポイントを使えば、お得に金魚妻が読める
配信サービス 配信状況 特徴
※当サイトのおすすめ 無料トライアル31日間!

加入特典で600円分もらえる

無料期間中の解約はお金がかからない

月額1990円(税抜き)

会員登録無料

初回登録で半額クーポンがもらえる

無料漫画が常時3000作品以上

動画配信サービスで無料ポイントを使い切ってる人にもオススメ!

会員登録無料!

無料漫画9000作品以上

お得な割引セール頻繁開催!

金魚妻は上記の配信サービスなどで読むことはできます!

 

めぐみ
動画配信サービスのU-NEXTではポイントを使って600円分無料で漫画を楽しむことができます。ただ金魚妻を読むには627pt必要なので、まんが王国で半額クーポンをもらって読んだ方がお得に読めますよ♪

 

まんが王国はこんなにお得なサービス内容♪
    • 会員登録無料!
    • 初回のみ半額クーポンプレゼント!
    • 無料のじっくり試し読み作品が3000作品以上!
    • ポイント還元率最大45%でお得!

 

ぜひ、初回のみ半額クーポンがもらえるのでお得に読んでみてください!

\会員登録無料/

※無料登録時に半額クーポンが必ずもらえる!

金魚妻94話の感想&次回95話の考察予想

94話です。

’94 til infinity.

とうわけで、優香様だってただ不倫しているだけではないんです。

色々考えているんです。

頑張ってるんです。

傷ついているんです。

そろそろ自由になって欲しいものです。

それだけ優香様は人々から必要とされているのです。

 

さて、次回はいよいよ物語も大詰めです。

これは絶対に見逃し厳禁ですよ!

お楽しみに♪

まとめ

今回は漫画『金魚妻』94話の見どころやネタバレ、読んだ感想をご紹介しました。

めぐみ
まんが王国では無料登録時に半額クーポンが必ずもらえる!
クーポンを使って、金魚妻が半額で読めるのでぜひ試してみてくださいね♡

\会員登録無料/

※無料登録時に半額クーポンが必ずもらえる!

 





関連キーワード