影の皇妃ネタバレ&感想

漫画「影の皇妃」は原作hayul先生、漫画kinlip先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「影の皇妃」13話を読んだので、ネタバレ込みあらすじや読んだ感想をまとめました。

 

リアブリックに連れられてフリードリヒ公爵家にやって来たエレナ。

彼女は、かの公爵たちに復讐するため、今日も家庭教師・リアブリックの目を盗んで復讐するための勉強に励みます。

 

そんな最中、一周目知識で完璧なレディーに見せかけるエレナ。

エレナの別人のような貴族っプリにリアブリックは計画を次の段階へ進めます。

 

リアブリックの次の作戦は、人物録を叩き込むこと。

人物録の中にはかつてのエレナの夫の姿もあって・・。

≫≫前話「影の皇妃」12話はこちら

 

また恋愛作品からオリジナル限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』はこちら

マンガMee

  • 登録不要!無料でダウンロード!集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
  • 大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

 

子どもまで成した夫を見て戦慄したように固まるとは、何かただならぬ予感です!

というわけで、「影の皇妃」第13話の見どころをみていきます!

皇后暗殺事件の黒幕は・・

エレナのかつての最愛の男は皇太子でした。

そして、後々には皇帝ともなる人物でありました。

 

しかし、当時の皇帝と公爵は対立。

そんな中起こった皇后を亡きものにしようという動きは、当然公爵が疑われる立場に。

 

エレナは、公爵の一人娘で皇太子との間には子どももおりました。

ですから、彼女が未来の皇后の座を狙っていたように見えたのでしょう。

 

人柄を見ることの出来ない皇太子は怒りの矛先をエレナに向けます。

皇太子は、エレナを心底憎むようになってしまったのでした。

公爵家の狂犬

公爵家は、家の中も外にも敵を作って歩いていました。

身内での敵、それがバスタージュ家

 

彼らは、条約により服従を命じられつつも、独立した家系です。

けれど、バスタージュ家は、優秀なフリードリヒ公爵家の守護の要でありました。

 

しかし、一度も彼らを認め、労を労うことのなかったフリードリヒ公爵家。

なんなら貴族でないなら人ではないとばかりに、見下しきっていて?!

 

それでも、バスタージュ家は忍耐強くありました。

けれど、その忍耐という名の毒はある日突然、形になります。

 

レンという革新的な男となって!

彼は、公爵家の当主の座を狙うようになったのです!

影の皇妃13話のネタバレ込みあらすじ

続いて、ネタバレです!

エレナがかつて愛した人

エレナには前世、最も愛した男がおりました。

彼女の最愛は、エレナの国の王子。

 

彼もまたエレナに夢中でした。

しかし、当時皇帝と公爵は政治的に対立します。

 

大公の野望のために起こった皇后の暗殺事件により憎まれる存在になったのでした!

 

そんなことを当時のエレナは知るよしもありません。

彼女は、前世で情まで交わしながら憎悪の限りを向けていた皇太子・クラディオスに怒りを感じていました。

 

子どもすら抱き締めてやりもしなかった夫に。

子どもを見て、この世の終わりのようにうろたえたその人に。

 

彼女は、もはや前世ほどの愛情をクラディオスにかけらないと悟ります。

そんなことは露知らないリアブリックは、上の空のエレナに語調も強く、注意!

 

個人的にリアブリックのキツさは、本当に帝国一の学院が出した秀才なのかと疑うほどずさんな演技の結果な気がします。

エレナに心強いバックがいれば、リアブリック側が一気に不利になる振る舞いですし。

 

閑話休題。

回想から帰ってきたエレナは、あわてて取り繕うことに。

 

皇太子に会うことを心待にしている風を装います。

そして、リアブリックは計画のためであることを隠し、人物録の暗記を指示。

 

エレナは、素直な娘を装い、うなずくのでした。

公爵家の裏切り者

人物録の最後に現れた人物にもエレナはぎょっとします!

それもそのはず、エレナの正体が唯一バレた相手、レン・バスタージュその人だったからです!

 

レンは、ベロニカの遠いながらも親戚。

条約により公爵家と道を分けた家柄でした。

 

条約は、バスタージュ家がフリードリヒ公爵家に従うかわり、独立が認めるというもの。

以来、従順な番犬の家柄として栄えます。

 

だからか、ベロニカや公爵の先祖はバスタージュ家に対し、高慢な態度であり続けたのでした。

もちろん、そんな態度にバスタージュ家は屈辱を感じます。

 

しかし、何年も何十年も耐え忍びました。

けれど、いつまでも従うばかりではありません。

 

先にしびれを切らしたバスタージュ家の中に狂犬といっても過言ではない革新派の男が現れます。

それがレンだったのです!

 

彼は、エレナとの初対面で彼女がベロニカの影武者であることを見破りました。

また、それをネタにエレナを脅し続けた脅し続けた存在。

 

バレた理由は?

エレナは、考えます。

 

そして、ふと思い至るのです。

もしかして黒子かと。

 

顔に一切焦りを出さずに、エレナは人物録を覚えきり、2日後に迫った別荘地からの出立に備えるのでした!

影の皇妃13話の感想と次回14話の展開を考察予想!

エレナは一周目の人生では、ベロニカでないことがばれていたことが明らかになりました!

つまり、リアブリックたちの作戦がベロニカが戻ってからは失敗した可能性がありそうな予感!

 

リアブリックたちが痛いしっぺい返しを一回は受けていることを願いつつ、13話の感想&次回予想です。

「影の皇妃」第13話感想

まさかの色々あっての皇太子と不仲だったとは・・。

やはりここでもリアブリックたちの暗躍のせいで不仲となったのでした!

 

エレナの夫であったのに、子どもの話は出ても夫の話は出ないのはどちらからといえばエレナにとって復讐相手よりだからなんですね・・。

エレナは、最後は冷たかった夫に愛情は感じないでしょう。

 

本人も宣言していることですし。

つまり、エレナの最愛の子どもは生まれてきません。

 

本当にエレナは公爵たちを地獄に落とすためだけに暮らしているのだなと実感させられた一幕です。

次回予想

人物録の登場は恐らく社交界活動のため。

エレナは完璧に頭に叩き込んでいます。

 

ですから、この調子なら次回あたりは実践編でしょう。

ただし、その前に別荘地から離れねばなりませんね。

 

次回あたりで帝国にある公爵家の本邸に移り住んだりするんでしょう!

エレナはどこまでベロニカになりきるのか?!

注目です!

まとめ

今回は漫画『影の皇妃』13話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

リアブリックに連れられてフリードリヒ公爵家にやって来たエレナ。

彼女の最終教育段階では、貴族録を暗記させられます!

 

その中には、かつてエレナが愛し、彼女を憎み裏切った夫・クラディオスと公爵家の狂犬・レンの絵姿も。

公爵家の狂犬・レンは、かつてエレナがベロニカの偽物であるとバレ、恐怖した対象でした!

 

果たして、彼は今後どうか変わってくるのか?

次回もお楽しみに♪

≫≫次回「影の皇妃」14話はこちら

無料漫画アプリおすすめは、これ!

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

コミックDAYSコミックDAYS

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・講談社の公式漫画アプリだから安全安心!

・オリジナル作品や、アニメ化・ドラマ化・映画化された有名作品、雑誌の人気作を毎日更新♪

おすすめ電子書籍サービスは、これ!

まんが王国

まんが王国

公式サイト

・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

・毎日最大50%ポイント還元!

・1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪
U-NEXTの解約や退会の手続き方法についてはこちら

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪