影の皇妃ネタバレ&感想

漫画「影の皇妃」は原作hayul先生、漫画kinlip先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「影の皇妃」12話を読んだので、ネタバレ込みあらすじや読んだ感想をまとめました。

 

エレナとリアブリックの航海はレッスン続きの毎日でした。

そんななか、エレナは必死に演技しながら貴族教育を受けることに。

 

最中には、ベロニカがフリードリヒ公爵家の公女であることが明らかになります!

さらに、その晩マリアナ諸島の別荘に着いたエレナたちはフリードリヒ公爵と対面!

 

エレナは、自身が公爵たちにとっての重要なキーであることを確信したのでした!

≫≫前話「影の皇妃」11話はこちら

また恋愛作品からオリジナル限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』はこちら

マンガMee

  • 登録不要!無料でダウンロード!集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
  • 大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
では、今回の見どころです。

レディー教育の進捗

マリアナ諸島につくまで船での教育を受けていたエレナ。

スパルタ教師リアブリックのもと、貴族の素地を鍛えられていました!

 

しかし、もとは田舎貴族

貴族のマナーは割りといい加減です。

 

そこで、リアブリックは引き続きエレナに公女としての教育を施します。

マナー、歴史、人物歴、その他たくさんのことを学ぶエレナ。

 

毎晩遅くまで教育はなされ、出来ないふりをするエレナにリアブリックはいつも高慢ちきに復習をせまるのでした!

とはいえ、エレナからすれば知っている内容。

 

何度もやらされるなんてうんざりです。

リアブリックが自習するよう命じたところでエレナが次にとった行動は・・。

 

皇太子の絵姿

貴族マナーがある程度身に付いたエレナ。

彼女は、次にベロニカと関係が深かった人物たちについて覚えさせられます

 

これもベロニカの偽物とばれないようにするため。

リアブリックの影武者計画のためです。

 

そんななか、一枚の絵姿にエレナは硬直。

そこに描かれていたのはなんと、前世の夫、クラディオス皇太子でした!

影の皇妃12話のネタバレ込みあらすじ

お次は、ネタバレです。

スパルタ教師リアブリック

マリアナ諸島に着いてからも船上で受けていた教育は続くことに。

ますます過激になるリアブリック。

 

エレナはそんなリアブリックに辟易しながら、出来ない生徒を演じます。

復習を強要するリアブリックに不満を漏らさず落ち込むエレナ。

 

食事・睡眠すら惜しめというとんだブラック計画のもとエレナは自習にうつります。

 

エレナは、2周目の人生だけあって、リアブリックが言ったことは全て履修済み。

実は、ハッキリいえば無駄な時間なのです。

 

自習の時間は、エレナが公爵に復讐するために必要な資産と権力を得る努力をし始めたのでした!

彼女の長年たてた計画のもと本格的な復讐劇の幕がいまあけるのです。

 

彼女は、ルネサンスと知識を利用して時代の王とならんとするのでした!

応接間での貴族学

3週間後、エレナは完璧な所作で食事をとります。

その姿に、リアブリックも成長を確認。

 

やはり、見る目に間違いはなかったと感じます。

エレナがすごいだけと言う話もありそうですが。

 

礼儀は本来、長い年月をかけて完璧にそれこそ手を動かすくらい自然に出るのが本来。

 

しかし、エレナは長年ド田舎暮らしですから、基礎なんてさっぱりです。

それをわずか3週間でものにしたエレナ。

 

愚かな子ではないとはリアブリックは理解します。

 

リアブリックは、エレナをそう評価するのでした。

続いて彼女らは応接間に向かいます。

 

彼女らがここへやって来たのは、人物録を覚えるため。

特に、エレナはベロニカの影武者として、絶対にばれてはいけません。

 

だからこそ、仲がよかった人物やそうではないけれど警戒すべき相手など全てを頭に叩き込ませねばとリアブリックは必死です。

もちろん、その事情も全て知っているエレナ。

 

正直、前回必死に覚えただけあって一人ずつ誰が誰だか完璧に覚えています。

やっぱり、無駄になりそうなリアブリックの今の教育。

 

リアブリックはそんなこととは露知らず、唾を飛ばしそうな勢いでエレナに人物録を叩き込むのでした!

ペラペラめくる音とリアブリックの声だけが響く応接間。

 

そこで見付けた人物録にエレナは硬直。

それはかつて、夫であった人。

 

そう、皇太子クラディオス・デ・シアンの絵姿があったからなのでした!

影の皇妃12話の感想と次回13話の展開を考察予想!

絵姿だけとはいえ皇太子登場!

エレナは以前皇妃でしたから、彼の妻ということになりそうです。

 

なんだか嵐の予感がしなくもないですが、感想&次回予想です。

「影の皇妃」第12話感想

エレナの夫(仮)の絵姿登場!

5年後の世界では子どももいた間柄の皇太子です。

 

おそらく5年後もこの国の皇帝は変わっていないのでしょう。

皇妃と言うくらいですから、おそらくエレナは皇后候補だったはず。

 

ですが、エレナの呼び方は皇妃です。

つまり、皇太子は5年後も皇太子だったのでしょうね。

 

この国の婚姻がどうなっているかわかりませんが、皇太子につく妃は1人だとするとエレナは唯一の妃となります。

今更ながら、入れ換えがうまくいくとは思えない事態ですね・・

 

ちなみに、クラディオス・デ・シアンの名前。

「クラディオス」は、ローマ神話に出てくる河神です。

 

また、「シアン」は青を指し示すワードで人名にもあるタイプの語です。

公爵の「フリードリヒ」は、プロイセン(今のドイツ)国王の名前です。

 

 

権力者の公爵が次に狙うは玉座でしょう。

ですから、公爵が玉座を狙っていることはかなり濃厚ですね。

 

つまり、この辺りにベロニカの影武者がいった理由がありそうです。

残念ながら、ローレンツやリアブリックに深い意味は無し。

 

結構な悪役なのに、意味がないとはこれいかに・・

エレナの方も芳しいものはありません。

 

重要なキャラで参考にしたキャラがあるのは今のところ二人だけなのかもしれません。

次回予想

皇太子の絵姿登場から推察するに皇太子との回想が入ることが予想されます!

ここで気になるのが、なぜかエレナは2周目に入ったときも気にしたのは子どものことで夫の話はちっともでなかったところ。

 

もし、エレナとの入れ替わりがうまくいったとすれば皇太子との仲は不仲であったことになります。

子どもまで成した皇妃(おそらく唯一の妻)と子どもが出来て1年もたたずに不仲説がありそうなことに驚きですが・・

 

おそらくここでもリアブリックたちが暗躍しているのではないでしょうか?

真相は次回!

 

お楽しみに♪

まとめ

今回は漫画『影の皇妃』12話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

マリアナの別荘にやって来たエレナはさらにレディーとしての教育を受けます。

覚えは悪くないエレナ。

 

時には自習の時間が与えられ、彼女は、自分の武器を手にいれるための学習に時間を費やすのでした!

 

さらに、最後には皇太子の絵姿登場!

固まるエレナ。

 

前世の夫との間に一体何があったのか?

≫≫次回「影の皇妃」13話はこちら

無料漫画アプリおすすめは、これ!

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

コミックDAYSコミックDAYS

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・講談社の公式漫画アプリだから安全安心!

・オリジナル作品や、アニメ化・ドラマ化・映画化された有名作品、雑誌の人気作を毎日更新♪

おすすめ電子書籍サービスは、これ!

まんが王国

まんが王国

公式サイト

・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

・毎日最大50%ポイント還元!

・1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪
U-NEXTの解約や退会の手続き方法についてはこちら

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪