ダンジョンリセット

漫画「ダンジョンリセット」は原作DAUL先生、漫画ANTSTUDIO先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ダンジョンリセット」7話を読んだので、ネタバレ込みあらすじや読んだ感想をまとめました。

 

肉の香ばしい匂いに誘われ、奏太のアジトへやってきたのは一角イノシシでした。

 

奏太を獲物だと認識し、突進してきます。

奏太は、一瞬で土壁を形成し、その上へと回避したのです。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

ダンジョンリセット7話の見どころ・考察予想!

一角イノシシとの戦闘

ステージ1の最強モンスターである一角イノシシ。

 

初手の攻撃を何とか回避するも、出来ることが限られている奏太。

どんな戦いになるのでしょうか!?

ダンジョンリセット7話のネタバレ込みあらすじ

一角イノシシの攻撃を見事回避した奏太。

しかし、イノシシの突進により、土壁は一瞬で壊されてしまいます。

 

一角イノシシは、ステージ1の最強モンスターだったのです!

 

少しのミスで命を落とすことを悟りました。

土壁を破壊したイノシシは、尚も闘志をむき出しにし、突進してきます。

 

「どうせこれしか方法がない!」と、とっさに土壁を形成する奏太。

一層でダメなら壁を分厚くしようと考え、イノシシの突進を待ち受けます。

 

しかし、イノシシの角は、いとも簡単に土壁に刺さり軽々と破壊されてしまいました。

想像以上の強さに焦っていく奏太。

 

 

イノシシは、地下の壁にぶつかって止まりましたが、その衝撃で周りの壁が壊れていきます。

このまま突進が続けば、また地下水が溢れてしまう…!

 

これまでずっと「やられる側」だった奏太。

「やられてばかりはごめんだ!」と必殺技を繰り出します。

 

インベントリから土塊を取り出し、1つの大きな塊を形成していきます。

どんなモンスターでもこれで一撃!

少し驚いた様子を見せ、奏太の迫力に押され気味のイノシシ。

 

そして、奏太が投げ…。

 

しかし、ずっしりとした重さが腕にのしかかる。

重さに耐えきれず、自分の目の前に落としてしまいました。

 

よく考えたら、それを投げるだけの筋力が奏太にはありませんでした。

 

潰されずに済み、「何とか助かった」と苦笑いする奏太。

イノシシは、まだ自分が優位であると感じ、再び奏太をロックオン!

 

 

手を出し尽くした奏太は、「終わった」と諦めつつも逃げ回ります。。

後ろから追いかけてくるイノシシは、奏太めがけて突進します。

 

土壁を階段状に形成しながら回避しようとする奏太。

しかし、ドゴォッ!と鈍い音が…。

 

そのまま地面へとたたきつけられた奏太…、しかし、何とか立ち上がります。

直撃を免れたものの大きなダメージを負いました。

 

逃げるところもない。

このままでは死んでしまう。

どうすれば?考えろ!

 

アイツを捕まえることができれば…!!

そして、イノシシの肉を確保できる!と脳内で想像を膨らませます。

 

 

イノシシを食料だと認識した奏太は、一気に土壁を形成していきます。

そんな奏太へ向かって突進するイノシシ。

 

しかし、目の前には高く分厚く積み上げられた土壁。

そのまま突進していくも、土壁の裏には落とし穴が…!

危険を察知したイノシシでしたが、止まることが出来ず穴に落ちてしまいました。

 

イノシシの突進力を弱めよう、という作戦だったのです!

 

それでも奏太を睨みつけるイノシシ。

そんなイノシシを見て、「自分の立場が分かってない」と奏太は言います。

 

作ったアジトを壊され、奏太は怒っていました。

何かを感じ取ったイノシシは、闘争心よりも恐怖や焦りが強くなり、その場から動けなくなってしまいます。

 

そして、「体で払ってもらう」と、土壁の上から大量の土塊を落としていく奏太。

上空から大量に落ちてくる土塊を避けられず、一角イノシシは下敷きになりました。

 

 

そこへ戻ってきた案内役。

ステージ1の最強モンスターを倒した奏太をみて、驚きを隠せませんでした。

 

奏太の持つ非常に高い応用力。

やはり、こいつは危険人物なのだと確信します。

ダンジョンリセット7話の感想と次回8話の展開を考察予想!

思っていた以上に戦闘!!

 

何度か「勝てそう!」と思う場面があります。

しかし、やっぱり勝てず…といった流れに、もどかしさを感じることも多かったのですが、逆にそれが「どうやって倒すの!?」と興味を惹かれていきます。

 

途中「泥だんご!」と連呼している場面では、思わず「頑張ってるな~!」と見てしまいました。

すると、実は1枚目の土壁で目眩ましをして、その先に落とし穴を作っていたなんて…!

 

その戦術は想像できなかった。

これが生産職の戦い方。

と驚きました!

 

今回は、急ごしらえの罠と作戦でしたが、もっと戦略を練っていければ、今後もっと強い敵でも勝てるのでは!?と期待が膨らみますね♪

まとめ

今回は漫画『ダンジョンリセット』7話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

生産職でありながら、たった1人で、ステージ1の最強モンスターに挑んだ奏太。

繰り返し食らう攻撃の中でも、諦めず次々と挑戦していき、見事勝利を収めました!

 

自分の力だけで、数々のピンチを乗り越えていく奏太。

今後、ダンジョンでの生活がどのように変化していくのか楽しみですね♪

≫≫次回「ダンジョンリセット」8話はこちら