悪女の恋人は主人公様

漫画「悪女の恋人は主人公様」7話は原作R.suとLee Haron先生の作品で、ピッコマで配信中です。

手紙の内容が気になる♡

重大なミスを犯した魔法使いが目の前に現れたのは、小説の中の女主人公ラエルだったのにユニフェは驚くも、今回のラエルに注意。しかし、この時のラエルの当時の彼氏はユニフェを殺したカシアンだった。

 

そのカシアンだが、二度目の浮気をしたことでラエルは辛い思いをし、カシアンは女遊びが激しく皇太子である自分が一人の女を愛す意味がわからないと、とても女遊びが激しかったことから、ラエルはとても辛い思いをし、仕事のミスを犯した。

その小説の中のラエルの心情を思い出したユ二フェは同情したが、今回は事件が解決すると同時に帰路につきました。

 

家に帰ったユニフェは、たくさんの仕事を終えた後風邪を引いてしまい、ベットで寝ていると部屋の窓がコツコツ。窓を開けてみるとイシードのペットである大きな鳥のラヤが尋ねて来ていた。

ラヤは、窓が開くとユニフェのところに飛びより体をすり寄せ、イシードからの手紙を渡しました。その手紙の内容とは何だったのでしょうか?

≫≫悪女の恋人は主人公様ネタバレ6話はこちら

 

今回は「悪女の恋人は主人公様」の7話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

前話は、イシードのペットラヤがユニフェに手紙を送らせたところで終わりました。

その手紙の内容が気になるところですね!

でも、ユニフェは風邪をひいてしまい、体調が良くないってところなので、もしかしたらラヤがイシードに伝えに行って、イシードがユニフェのところに駆けつけるかもしれないですね。

さて第7話でございますが、イシードの登場となり、また少し二人の関係が進みそうです。

イシードとユニフェのやりとりに注目です!!

悪女の恋人は主人公様【7話】ネタバレあらすじ

ユニフェは、体調が悪くて夢の中に。

寒くて凍え死にそうな中、ユニフェの前に炎が現れ、その炎が大きくなると突然イシードに炎から現れた。

 

もっと暖かくしてあげよう、とイシードはユニフェを包み込み、安心して眠りにつこうとするユニフェが目を冷ますと、本当にユニフェの隣にイシードが側で寄り添っていた。

ユニフェがイシードになぜここにいるのか問いただすと、暖炉を通してユニフェに問いただしてみたが、応答がないため緊急を要するぐらい体調が良くない状況なのだろうと心配になり、暖炉の火を通じて魔法でユニフェのところに駆けつけた。

実際に、ユニフェは涙声で寒いと言っていて、じっとしていられなかったため、今の状況に陥っている。

イシードの無断侵入に驚き、何も答えられずにいたイシードは、自分のしたことに迷惑だっただろうと気を配り、帰ろうとしたがユニフェがイシードの腕を掴み引き止めた。

ユニフェがイシードを引き止め話したのは、架空話の中で、イシードの無断侵入は悪いことじゃないってことを伝えようとしたが、イシードの意見はユニフェと違っていて、イシードは善意ではなく自己満足で起こしたことだと言った。

それは、ユニフェだったから今回のことに至ったとイシードは伝えた。

しかし、これでは無断侵入の合理化にならないのでユニフェはイシードの侵入許可を出したことで、イシード自身の罪悪感、無断侵入を合理化した。

 

そしてユニフェは、相反する系統の魔法使い同士が、親密な相手にだけ行うことをした。

それは、マナの浄化。

この行動にはどんな意味があるのでしょうか。

そしてその後のイシードの反応とイシードがとった行動とは?

悪女の恋人は主人公様7話の感想&次回8話の考察予想

夢の中の暖かい炎とともに、目を冷ますと本当にイシードが居たなんてびっくりですが嬉しいですね。

主人公ユニフェも、イケメンが横にいると喜んでましたからね。

羨ましい限りです。

しかし、どのくらい家の距離があるのか分かりませんが、暖炉の火を通じて話しかけることが出来て、さらにその火を通じて移動が出来ることにびっくりしました。

火の魔法は、何か戦ったりするのが主だと勝手に思っていましたが、自分自身火になれるんですね!

じゃあ、ユニフェも水になれるってことでしょうか?

ん〜。だいぶ先になりそうですが、イシードの火の魔法がユニフェの水で急死を救う回がありそうですね!!

イシードが、ユニフェに初めてのマナの浄化をしたことで倒れてしまいました。

さて、第8話ではどんなお話になるでしょうか?

まとめ

今回は漫画『悪女の恋人は主人公様』7話のネタバレと感想をご紹介しました。