捨てられた皇妃のネタバレと感想

漫画「捨てられた皇妃」は原作Yuna先生、漫画iNA先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「捨てられた皇妃」75話を読んだので、ネタバレ込みあらすじや読んだ感想をまとめました!

前回のラストシーン☆
新年の挨拶のため、参内する貴族たち。
アリスティアも正装し、父ケイルアンと共に登城します。
順番を待ちつつ、1人になったアリスティアは、ふと鋭い視線を感じます。
振り向くと、とある人物がアリスティアの真後ろに立っていて・・・

≫≫前話「捨てられた皇妃」74話はこちら

また恋愛作品からオリジナル限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』はこちら

  • 登録不要!無料でダウンロード!集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
  • 大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

新キャラクター、要注目

前回、でっかいおじいちゃんが登場したところで終わりでした。

今回は、この人物が誰であるのか明らかになります!

 

そしてその口から新事実が・・・!?

要注目です!!!

皇帝派の令嬢たち

前回のティーパーティーに呼ばれた令嬢たちが再び登場します!

え?そういう感じなの??と驚く場面がありますので、お楽しみに♪

捨てられた皇妃 75話のネタバレ込みあらすじ

貴族派、ゼナ公爵登場

アリスティアが不穏な視線を感じ振り向くと、大柄で白髪白髭の老いた男性が、後ろに立っていました。

 

この人物はゼナ公爵といって、皇帝派に相対する派閥、貴族派の首領です。

貴族派は現在、勢力が下火になってはいます。

 

ですが、ゼナ公爵は、皇帝ですら無碍に扱えない存在だとか。

ただ側にいるだけで、アリスティアは凄まじいプレッシャーを感じます。

 

アリスティアがなぜか嫌われているようだと感じていると、すかさず父ケイルアンがアリスティアの肩を抱いて、皇帝への謁見に連れて行こうとします。

噂の余波

皇帝と皇太子へ新年の挨拶をするケイルアンとアリスティア。

皇帝からは、火事の消火活動を労われ、その後の対応について説明されます。

 

そして、カルセインとアリスティアが恋仲という噂について、面白おかしく世間で語られていると、皇帝から話題が振られます。

慌てて謝罪するケイルアンですが、皇帝は噂の出所と真偽について把握しており、冷静でした。

 

そして、アリスティアの騎士団入りに疑惑の端を発し、貴族派が皇室とモニーク家の信頼関係に試練を与えているのだと告げます。

 

アリスティアは謁見室を出て歩きながら、皇帝の言葉を思い出していました。

貴族派が活動し始めたから、身の回りにいっそう注意するように、と。

ゼナ公爵vsケイルアン

アリスティアは噂など馬鹿馬鹿しいと怒り心頭ですが、ゼナ公爵が立ちはだかります。

これにはケイルアンが対応し、舌戦が繰り広げられました。

 

ケイルアンに言い負かされたゼナ公爵は、矛先をアリスティアに向けました。

ですが、アリスティアも毅然とした態度で、ゼナ公爵の挑発を否定します。

 

すると、ゼナ公爵は、アリスティアは立場を弁えていないと激昂し、とある単語でアリスティアの生まれを罵倒しました。

 

咄嗟にケイルアンが怒鳴り返し、アリスティアをゼナ公爵から庇うように後ろに隠します。

ケイルアンとゼナ公爵が睨み合っていると、ゼナ公爵を謁見に急かす使用人がやってきました。

 

捨て台詞を吐いて立ち去るゼナ公爵。

ゼナ公爵の発言について、アリスティアがケイルアンに詳しく聞こうとします。

 

覗き込んだ父の横顔は憎々しく歪められ、言われたことは捨て置くようにと言われます。

アリスティアは、ゼナ公爵の発言が全て嘘だとは思えませんでした。

 

なぜなら、父が本気で激怒した上、ゼナ公爵が自分に向ける眼差しに、侮蔑が含まれていたからです。

まとまらない皇帝派の令嬢たち

訳がわからず、休憩室で心を落ち着かせようとするアリスティア。

 

しかし、聞こえてきたのは同じ皇帝派の令嬢たちによる、アリスティアを非難する会話でした。

先日、アレンディスのお茶会での出来事を、その場にいたフィル嬢が中心になって噂しています。

 

なんでも、アリスティアは皇太子の婚約者でありながら、カルセインに馴れ馴れしく振る舞っていて、軽率であるとか。

 

同調してアリスティアを避難する面々ですが、騎士団入りしたことにも疑問があるようです。

家格に守られているだけ、とまで言われます。

 

一同を嗜めたのは、アレンディスのお茶会にも参加していたジェノア嬢です。

アリスティアを欠格としながらも、令嬢たちを厳しく指摘します。

 

令嬢たちは、ジェノア嬢が皇太子妃にふさわしいとして、今度は盛り上がり始めました。

今は、皇帝派が団結して貴族派と戦うべきとき、ということを、アリスティアは理解しています。

 

ですが、貴族派の噂に乗じてアリスティアを嘲笑していたのが、同派閥の皇帝派の令嬢たちであったことに、アリスティアは激昂しました。

 

社交界を放置しすぎていたことを痛感したアリスティア。

休憩室を出ると、父ケイルアンに、とある頼みごとをするのでした。

捨てられた皇妃 75話の感想と次回76話の展開を考察予想!

ゼナ公爵とアリスティアパパの舌戦、とっても熱かったですね!!!

以前から因縁がありそうですよね、派閥はもとより、なんだか個人的な雰囲気です。

 

アリスティアのパパがあんな表情するなんて・・・。

いつもクールで穏やかなイケメンのパパなのに・・・。

 

ゼナ公爵のあの発言、気になりますね。

アリスティアの出生には何か秘密がありそうです。

 

パパの家格は疑う余地がないので、今は亡き母親の方に何か血筋の問題があるのでしょうか。

でも、それだけで、ゼナ公爵もあんなに言うかな?

 

まだまだ物語には謎が隠されているようですね!!

 

そしてそして、うわーーフィル嬢感じ悪い!!!(笑)

いいですねいいですね、女の戦いって感じになってきましたね(笑)

 

ジェノア嬢も、一同を嗜めながら、アリスティアを貶すのも忘れないという(笑)

アリスティア、お友達いないんだね・・・。

 

転生前も、確か孤立しがちだったんですよね。

生まれたときから皇后教育が決まっていたんですもんね、それもそうか。

 

ますます、アレンディスのありがたみがしみるというものです。

 

さてさて、怒り心頭なアリスティア、次回は何かしでかしそうな予感ですが、パパに頼んで一体何をするつもりなのでしょうか!?

 

相手が社交界だから、招待状をゲットしてもらう、あたりでしょうか。

次回も目が離せませんね!

まとめ

今回は漫画『捨てられた皇妃』 75話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「捨てられた皇妃」 76話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら