捨てられた皇妃のネタバレと感想

漫画「捨てられた皇妃」は原作Yuna先生、漫画iNA先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「捨てられた皇妃」71話を読んだので、ネタバレ込みあらすじや読んだ感想をまとめました!

前回のラストシーン☆
皇帝は、アレンディスの父、宰相ルース・デ・ベリータに命を下します。
明日、会議を開くので、全員を招集するように、という命令でした。
その会議とは、アリスティアとルブリスの婚約の破談についての会議のようで・・・。

≫≫前話「捨てられた皇妃」70話はこちら

 

また恋愛作品からオリジナル限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』はこちら

マンガMee

  • 登録不要!無料でダウンロード!集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
  • 大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

アレンディスの嫉妬深さ

前回に引き続き、今回も幼なじみの3人が集合します。

アリスティアが見ていないところでは、牽制し合う少年たち。

 

特に、アレンディスの執着の深さ、嫉妬心がよく表されているシーンがありますので、執着系男子がお好きな方は要注目です♪

アリスティアのとった行動は・・・

とある事件に出会い、アリスティアが動きます!

そのとき彼女の頭に過ぎったものが、今後の展開に繋がるかも・・・!

捨てられた皇妃 71話のネタバレ込みあらすじ

カルセインとアレンディス、水面下で火花を散らす

皇宮を訪れたアリスティア。

ヘッドドレスで銀髪を飾り、水色のマントとドレスを上品に身に纏っています。

 

そこに、アレンディスが声をかけます。

隣にはカルセインもいます。

 

ドレスということは騎士団の仕事中ではないということ。

アリスティアは、皇帝に会見するために登城したのでした。

 

アレンディスは、今度自宅で開催される温室でのパーティーにアリスティアを招待します。

笑顔で快諾するアリスティアですが、カルセインはその頭を撫でてからかいます。

 

カルセインも招待するというアレンディスの言葉に、カルセインは驚いて、思わずアリスティアから手を離し、その隙にアリスティアは去っていきます。

 

アリスティアの後ろ姿を見ながら、カルセインはアレンディスの意図を探ろうとします。

アレンディスがはぐらかすと、カルセインは、自分に負い目があるはずだと牽制します。

 

アレンディスは、その借りを覚えているからこそ、アリスティアの頭を触るのを見逃したと言い返します。

本当は、アリスティアを撫でた腕を壊したいくらいだ、と付け加えて。

 

しかし、カルセインも動じません。

アレンディスを腹黒いと揶揄すると、カルセインが抵抗したら、アレンディスでは腕を掴めないとやり返します。

 

アリスティアには、2人の会話の中心が自分であることなど、思いもよらないのでした。

皇帝との会議

一方その頃、皇帝派が会議を開いています。

発言しているのは、皇帝と第一騎士団団長のアルキント・デ・ラス。

 

カルセインの父でもあるアルキントは、カルセインとアリスティアに男女関係の噂が立っていることを皇帝に笑われますが、満更でもない様子

 

2人のやりとりを静かに見守っているのは、アリスティアの父、第二騎士団団長のケイルアン・ラ・モニークです。

 

皇帝としては、アリスティアがモニーク家の家督を継ぐのもまたよし、とのこと。

そこに、アレンディスの父、宰相ルース・デ・ベリータが釘を刺します。

 

ルースは貴族派を警戒しているようです。

なんでも、皇帝は、帝位を継承した際に、反対派と騎士団を掃討したのだとか。

 

掃討にはその場にいる皇帝派の3人が暗躍したようです。

そして、それから25年が経ち、そろそろ貴族派が活性化してくるだろうとのことでした。

 

ルブリスとアリスティアの破談の噂が、皇帝とモニーク家の亀裂に繋がり、貴族派に付け込まれるかもしれないと懸念しているのでした。

 

貴族派の皇太子妃候補が何人もやってくるだろうし、新年会でも動きがあるに違いないと予想する宰相ルースは、皇帝派の優位が揺らがないために、皇帝に判断を迫ります。

 

皇帝は、渦中の人に意見を聞くとして、ルブリスに意見を求めます。

ルブリスが言葉を発しようとしたとき、窓の外に立ち上る黒煙が見え、火事が報告されます。

火事を知ったアリスティア

ちょうど廊下を歩いているときに、アリスティアは火事の知らせを聞きます。

火事が、ベル宮の庭園で起きたと知ったアリスティア。

 

とっさに連想したのは、あの花が咲かない大樹のことでした。

銀色の花が咲くのを待っていると語る、ルブリスの後ろ姿とともに。

 

いても立ってもいられないアリスティアは、目立つリスクを捨ててとっさに走り出します。

庭園にたどり着いたアリスティアを待っていたのは、今にも大樹を包まんとする火の手で・・・。

捨てられた皇妃 71話の感想と次回72話の展開を考察予想!

アレンディスは相変わらず執着が深くて、大変キュンとしますね!

アリスティアが大好きで仕方ないのがとっても伝わってきます。

 

挑発に乗らずに落ち着いて言い返すカルセインも、成長を感じました。

入団を5年も縮めるくらい、アリスティアのために頑張ったんですもんね。

 

だからと言って、またボディタッチが多いぞ!(笑)

2人の成長を嬉しく感じつつも、もう子供時代には返れないことが寂しくもあります(笑)

 

既に2人とも、しっかりアリスティアへの恋心を自覚していますし、今後は水面下でバチバチやるのが普通になっていくのでしょう。

 

そして、ルブリスがまさかの会議に出席していました。

圧がすごい父帝を前に、何か意見を言おうとしていた様子。

 

あのまま火事がなければ、何を言おうとしていたのでしょうか。

アリスティアへの気持ちを皇帝にはっきり宣言するには、まだ早いような印象でしたが・・・。

 

そして、火事と聞いて、リスクが頭にあるのに体が動いてしまい、走り出すアリスティア。

剣術で鍛えてあるせいか、元気です(笑)

 

少年2人は置いていかれます。

そこはちゃんとついていかないと、と、つい突っ込んでしまいました(笑)

 

アリスティアが大樹の火事を心配したとき、思い出したのはルブリスの後ろ姿でしたね。

転生前も思い出の場所でしたし、転生前のアリスティアはルブリスが大好きで悩んで大樹を訪れていたのですから、やっぱりまだ引きずられちゃうのでしょうか。

 

でも、銀の花のことや散歩のことは、転生後に加わった新しい思い出ですよね。

新しい思い出に突き動かされたアリスティアですから、今回の行動が、また運命を変えていくのかもしれません・・・!

まとめ

今回は漫画『捨てられた皇妃』71話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「捨てられた皇妃」72話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

・毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪
U-NEXTの解約や退会の手続き方法についてはこちら

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪