捨てられた皇妃のネタバレと感想

漫画「捨てられた皇妃」は原作Yuna先生、漫画iNA先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「捨てられた皇妃」49話を読んだので、ネタバレ込みあらすじや読んだ感想をまとめました。

心を癒すためモニーク家の領地で休暇を過ごしていたアリスティア。

心に傷を負いながらも後継者としてなれるように、父ケイルアンの仕事を手伝いながら騎士達との剣術の訓練など穏やかな日々を過ごしていました。

 

一方その頃、カルセインはアリスティアとアレンディスの仲に何かあったことや皇太子ルブリスとの婚約破棄とは矛盾した行動にモヤモヤを募らせていました。

そんな時、カルセインの父アルキントによって一つの用命を言い渡されます。

 

≫≫前話「捨てられた皇妃」48話はこちら

またU-NEXTでは異世界系や悪女系の漫画が600円分無料で読むことができます!

マンガ|電子書籍はU-NEXT
今すぐ好きな漫画を読むならこちら
\初回600円分無料/

無料期間中(登録日を含む31日間)の解約なら、0円

今だけ「31日間無料トライアル」初回登録で、600円分のポイントプレゼント中!好きな漫画を600円分無料で読めますので、ぜひ絵付きの漫画を楽しんでくださいね。登録は3ステップで簡単。いつでもすぐに解約できます。

「捨てられた皇妃」49話の見どころ・考察予想!

転生して3年間。

努力虚しく運命を変えることができなかったアリスティア。

 

父ケイルアンの発言により、皇帝とルブリスに次期モニーク家の後継者として、婚約破棄をする旨を伝え一旦保留になっている状態です。

 

それから、傷ついた心を癒すため領地で穏やかな時間を過ごしていたアリスティア。

 

父ケイルアンの手伝いや剣術の訓練で後継者としての鍛錬を怠らなかったアリスティアにまた、新たな困難が来ることが予想されます。

 

ケイルアンの用命で、領地に向かうようにと言われたカルセインによってまた新たな話の展開がきそうでワクワクします。

「捨てられた皇妃」49話のネタバレ込みあらすじ

用命によりカルセイン モニーク家領地へ

カルセインの父アルキントは、急ぎでモニーク家の領地へ行くようにとカルセインに伝えます。

急な話にびっくりするカルセイン。

 

しかも今すぐに出発するようにと、さらに急かせれます。

なんとモニーク家領地にいるアリスティアに、剣術を見るためにカルセインを呼んでいると言うことらしいです。

%2